「休めない」ではなくて、「休める」体制を! 慢性人手不足解消へのご提案!   


 

1.有給休暇等、配達員の「休み」に対する企業側の対応力。

⑴「配達員」(アルバイト、パート、社員)の「休み」に対する代理配達(代配)が多大な時間と労力を必要とされています。配達員は熟知している配達なので時間内で出来ますが、「急な休み」となると、不慣れな配達管理者が「代配」するのが定番になっているのが、業界の常識になっています。面接時に(この仕事は休めません。)なんて説明している企業が少なく有りません。又、厳しい事を言っている企業は「配達員」が集まりません。業界として休めないというイメージが強いため、「慢性人手不足」の業界です。左記の様に、有給休暇を消化とかになり、益々「配達員」が集まらない事態が起こってきております。「代配」が無い様にするのではなく、「代配」はある事を前提に企業努力する時代ではないでしょうか!?